プロジェクト・リーダーの役割とは?地域資源を活用したモノづくりを成功させる方法

地域ならではのモノづくりを考える! 発信する!

地域資源を活用した商品を生み出す際、一番重要となるのがプロジェクト・リーダーの存在だ。商工会議所の職員がそれを担う場合、事業者をはじめとする様々な関係者の意見を取りまとめながらプロジェクトを推進しなければならない。

そこで、地域資源の宝庫となる北海道に赴き、数々の賞を受賞した『小樽美人』の担当者である小樽商工会議所の山﨑久氏、その製造元である田中酒造株式会社 代表取締役 田中一良 氏と、『恵みの庭のかぼちゃプリン』をヒット商品に育て上げた恵庭商工会議所 産業振興課 梅根裕一 氏の成功事例から、“プロジェクト・リーダーの役割”について探ってみた。また、外部講師として株式会社自遊人 代表取締役 岩佐十良 氏による講演『雪国A級グルメから日本A級グルメへ 〜連携がはじまりつつあるA級グルメプロジェクト〜』に耳を傾けるとともに、参加した商工会議所職員によるワークショップが行われた。

お気に入りに登録しました。