キッチン用品

くわな鋳物で作ったごはん釜

桑名商工会議所桑原鋳工株式会社

より詳しい商品仕様をご確認いただけます
くわな鋳物製ごはん釜(2合炊き)
くわな鋳物製ごはん釜(2合炊き)

くわな生まれの「ごはん釜」が、あらゆるシーンで活躍します

ドラマ「高校生レストラン」の舞台として一躍有名になった、三重県立相可高等学校の村林先生と調理クラブの生徒達と共同開発した鋳鉄製のごはん釜。鋳物ならではの厚みと、熱が対流しやすいよう設計されたデザインがお米のもつ旨みをじっくり引き出します。炊飯の他にも煮物や蒸し料理にも◎。直火やIHでお使いいただけ、炊き方も意外に簡単なので、ご家庭やアウトドアなど様々なシーンで活躍します。

希望小売価格(税抜) 1個 20,000円
産地/生産地 三重県桑名市
原材料 本体・蓋:鋳鉄、蓋つまみ部分:アルミメッキ 本体内面:ホーロー、本体外面・蓋:塗装
1点あたりのサイズ 170mm×280mm(取っ手部分を含む)×210mm
利用シーン ご家庭・店舗・旅館など宿泊施設と場所を選びません。ご家庭での炊飯だけでなく、キャンプ場のアウトドアにおける炊飯や煮物料理、鍋料理にと幅広くお使いいただけます
認定/受賞歴/メディア掲載 NHK-BSプレミアム『イッピン』 2014年4月1日放送分、 中京テレビ『PS三世』2014年4月27日放送分、東海テレビ『ぐっさん家』2016年7月16日放送分、中京テレビ『PS純金』2017年4月7日放送分ほか、『日経WOMAN』2015年1月号・『日経トレンディ』2015年12月号掲載など雑誌、新聞各紙(中日、中部経済、日刊工業)ほか

生産者の声

日頃より三重県立相可高校の生徒と村林先生とは鋳物製品が持つ可能性を話し合っています。その中で生まれた鋳鉄製「ごはん釜」はデザインや使い易さの意見を頂き、鋳鉄の特性を十分に活かした製品として完成しました。是非「ごはん釜」で炊いたご飯を皆さまに食べて頂きたいと思います。また弊社では親しみを感じて頂ける臼やフライパン等の鋳物製品も生産しております。自社ホームページに掲載しておりますのでご覧ください。

桑原鋳工株式会社 自社ブランド事業部

より詳しい商品仕様をご確認いただけます

品質管理

認証機関の許認可

その他: 意匠権申請済み

商品検査
衛生管理への取り組み

製造工程の管理:

従業員の管理:

施設設備の管理:

危機管理体制

担当者名:

担当者連絡先:

記録:

製造者
桑原鋳工株式会社
会社所在地
〒511-0806  三重県桑名市東汰上518
会社URL
http://www.kuwaharacc.net/
連絡先

TEL:0594-21-2141

FAX:0594-22-6212

E-mail:brand@kuwaharacc.net

代表者

桑原 健造

桑原 健造
▲代表取締役社長  桑原 健造

担当者
自社ブランド事業部
工場所在地
〒511-0806  三重県桑名市東汰上518
メッセージ
弊社は、1959年9月に桑名市伝馬町に鋳造業、同市中央町に鉄工業を開業し、事業の発展に伴い1973年11月、現在地の桑名市東汰上工場に集約移転をしました。以来、下水道用鋳鉄製品を中心に鋳造・機械加工・塗装・組立・梱包と一貫した製作を行う企業として今日に至っています。現在は、熱伝導に優れ蓄熱性の高い「鋳物」の家庭用調理器具をはじめ、鉄瓶などの鋳物の特性を活かした商品開発にも力を注いでいます。
プロジェクト実施商工会議所
桑名商工会議所
連絡先

TEL:0594-22-5155

FAX:0594-21-5156

担当者
柳川 正行

興味がある、取り扱ってみたい、サンプルが欲しい、など
この商品に関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。