21年度
調査研究事業

七沢(ななさわ)温泉が生み出すカボスの新特産品を検討

都心から最短の温泉地より“おいしい”をお届け

都心から程近い七沢(ななさわ)温泉があり、豊かな自然に囲まれる神奈川県厚木市。厚木商工会議所では、平成21年度の地域資源∞全国展開プロジェクトとして、【七沢温泉における新観光・特産品開発事業】を実施。

概要・活動内容

都心に近く、「美人の湯」として人気がある七沢(ななさわ)温泉地。その新しい魅力を創出すべく、「カボス」「森林セラピー」「バイオマス」を使った新商品開発の可能性について調査。カボスは、リキュール酒や食品の原材料としての実現可能性を検討。森林セラピーは、手軽に楽しめるハイキングコースの整備や七沢温泉地と連携した宿泊セットプランなどについて、展開方法などを検討した。また、廃材をエネルギーに変えるバイオマスについては、間伐材をチップ燃料化し、地域内のペレットストーブで活用するなど、継続可能なモデルを考察した。

プロジェクトにおける特筆点

カボスを使った商品として、酒類やケーキ、豆腐、みそ、コショウなど、さまざまな商品案を検討。また、試飲・試食を含む探訪モニターツアーの開催や、カボス料理を提供する旅館宿泊プランの設定など、誘客につなげる企画も考察した。

担当者からの一言

地元における複数のキーマンにヒアリングを重ね、その思いを十分に受け止めることと、調査した取り組みに対して、問題意識を共有化することに力を注ぎました。調査したカボスやバイオマスなどは、当地にとっても新しい地域資源です。私たちは、この観光資源や環境に直接触れ、体験することで提案者としてのイメージを膨らませることにこだわりました。このこだわりによって生み出される新しい魅力を、ぜひ期待してください。

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。