21年度
本体事業

知られざる特産魚種「萩の金太郎」を高級商材に

地元での流通が主だった「萩の金太郎」の魅力を全国に周知させるため、地元業者が一丸となって加工品を開発

ヒメジの産地である山口県萩市。萩商工会議所では、平成21年度の地域資源∞全国展開プロジェクトとして、【頑張れ! 萩の金太郎プロジェクト 萩市の特産魚種「金太郎」(標準和名:ヒメジ)を全国区の高級商材に。】を実施。

概要・活動内容

良質な食材でありながら、これまで地元での流通が中心だった「萩の金太郎」(ヒメジ)に着目。この素材の可能性を広げるため、行政や漁業者など地元関係団体が一体となって、全国に展開できるブランド化を目指した。まず「萩の金太郎」を使った加工品や新メニューを開発し、展示会などで販路を開拓。高級レストランなど業務用の流通への可能性も探った。さらに都市部での流通が少ないことから、観光資源としての可能性を検証し、産地である萩もPR。メニューのバリエーションを充実させるべく、提供する地元飲食店の増加に力を入れることも検討した。

プロジェクトにおける特筆点

フランス料理にも使われる高級魚のルージュと近縁種の「萩の金太郎」で、加工品9種11品目を試作した。鮮やかな見た目、さまざまな料理に合う味を生かし、伝統的な「桜干し」のほか「シュウマイ」「オイル漬け」などをラインアップ。平成21年10月の共同展示商談会「feel NIPPON 秋 2009」などに出展し、首都圏を中心に販路開拓と需要調査を行った。

担当者からの一言

「萩の金太郎」は、フランス料理などで使用される高級魚ルージュの最近縁種です。そんな金太郎を使用した料理や加工品はおいしいのも当然です。また、金太郎は小骨が多い魚ではありますが、鮮度の良い物は刺身にして食べても絶品です。加工しても生食でもおいしい金太郎を広めるために、商品化はもちろんのこと、市内でメニューを提供できる場所を増やすために尽力していきます。ぜひとも萩市にお越しいただき、一度ご賞味ください!

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。