23年度
調査研究事業

商店街の商品開発(一店逸品運動)の調査事業

商店街の「一店逸品運動」で地域活性化

長年、市民の日用品調達先として親しまれてきた商店街を地域資源と捉え、一店逸品運動の展開による商店街並びに地域経済の活性化を目指す(目標商店街誘客数9万人、販売額10億円増)。

「商店街」を地域資源として捉え、商品開発の調査を実施 「商店街」を地域資源として捉え、商品開発の調査を実施

商店街の視察研修を実施 商店街の視察研修を実施

概要・活動内容

商店街を活用した商品開発の調査を実施

ラベンダー畑やスキーなど、これまで農業と観光を基幹産業として名を馳せてきた富良野市。 次の取り組みとして、市内全域の活性化を図るため、明治30年の開拓当時から形成されている「商店街」を地域資源として捉え、個店を活用した商品開発(一店逸品運動)の調査事業を実施した。
商店街の各店が「一店逸品運動」による商品開発を行うことにより、地元消費者のサービス向上に併せて、フラノ・マルシェ(おもてなしの拠点、まちの情報発信基地)が目的の一つとしている「まちなか回遊」の仕組みを通じて、これまでの来場者40万人以上の観光客及び市民を商店街に誘導し、地域経済の活性化を図る。 

市内全域の活性化を図る 市内全域の活性化を図る

工夫した点・アピールポイント

セミナー開催と視察研修で意識向上

今回、静岡市呉服町名店街の池田氏、青森市新町商店街の加藤氏を招へいしたセミナーの開催と両商店街の視察研修を実施した。参加者は、各商店街から30~40代の若手後継者や行政職員も参加し、事業の取り組みに向けて意識が向上している。

セミナー開催で参加者の意識向上 セミナー開催で参加者の意識向上

今後の展開・未来像

若手経営者による事業展開を目指す

今後は、一店逸品運動の展開による商店街及び地域経済の活性化を目指し、若手経営者を中心に具体的な展開に向けた検討会議を随時開催し、事業に取り組んでいく。

活用した地域資源

富良野市内の商店街

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

富良野商工会議所のオススメ

  • へそ祭り

    へそ祭り

    富良野市は北海道の中心に位置することから、図腹で踊るへそ祭りが夏の最大のイベントとして開催されています。

  • テレビドラマ「北の国から」ロケ地

    テレビドラマ「北の国から」ロケ地

    倉本聡氏原作によるドラマ「北の国から」のロケ地が、市内に点在するとともに資料館があります。

  • フラノ・マルシェ

    フラノ・マルシェ

    食文化・タウン情報の発信基地。観光客と地元住民の憩いの場(まちの縁側)として、平成22年4月にオープンし、開業からわずか1年半弱で100万人を突破しました。

お気に入りに登録しました。