28年度
調査研究事業

まち歩きナビゲーション開発事業

主な事業内容

観光客などの流入人口に対して、まちなか観光を促すための仕掛け作りが欠落しており、まちなか観光施設や地域食材を活用した飲食店の紹介、様々なイベント情報の周知などガイド機能を持った観光客が求めるホスピタリティーの向上が急務となっている。この状況を改善するため、ARアプリを活用した「まちなか周遊ナビゲーション」の開発準備として、国内外の観光客に対するニーズ調査、各商店の外国人客の受け入れ状況を調査すると共に、東京都・沖縄県のアプリ開発の先進事例調査を行った。

今後の展開

次年度以降、まち歩きナビゲーションのアプリ開発を行う。これにより、国内観光客へのホスピタリティーの向上が図られ、より一層のまちなか回遊の促進がはかられる。外国人観光客にも同様の効果がもたらされるが、日本に来訪の際、スマートフォンなどの通信料の負担が大きくなることから、アプリの提供以外にFreeWi-Fiの導入を行うなど、より一層のホスピタリティー向上に向けた取り組みが課題となることが調査によって判明した。

活用した地域資源

中心市街地内観光資源

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。