28年度
調査研究事業

久慈産「琥珀」を活用した新商品開発及び地域ブランディング事業

主な事業内容

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地として多くの観光客が訪れた久慈市。現在の観光客数減少を食い止めるため、「あまちゃん」にも登場し知名度が上がった「琥珀」の削り屑を装飾材料としたろうそく、ボタンなど新たな特産品開発について参画事業所と検討を行った。また、地域ブランディングワークショップでの先進地事例紹介や地域資源の掘り起こし、先進地視察を通じた人的ネットワークの構築を通じて、ロケ・ヘルスツーリズムなど新たな観光ルートの提案に資するため、関係機関と協力し本体事業への準備を行った。

今後の展開

今後も、近隣町村など関係機関と連携し、新たなロケ誘致活動の活発化、豊かな自然環境と十二支神社などの地域資源を活用したヘルスツーリズムなどの体験プログラム確立と、誘客推進に係るモニターツアーの実施、琥珀の知識や価値を共有する勉強会の実施による、「琥珀の街」としての地域ブランディング化を推進していきたい。また事業実施による経済的効果についても精査し、地元商店街との相互協力できる仕組みと体制づくりを行うとともに、プロジェクト周知を徹底することで、地元住民の意識醸成を図っていく。

活用した地域資源

連続テレビ小説「あまちゃん」/琥珀/十二支神社めぐり

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。