28年度
本体事業1年目

新庄SOUL風土 食開発プロジェクト

主な事業内容

交流人口拡大による地域活性化を図るため、観光客をターゲットとした新庄の定番となるソウルフードの確立を目指し試作品開発を行った。事業推進のために発足した委員会は女性を中心に構成し、食にフォーカスした古き良き地域文化を再評価するとともに、新しいニーズに対応した新商品の可能性を模索した。祝い事があると自宅で飼っている鶏をまるごと一羽さばいて食するという昔ながらの食文化に着目、地元産の「山形さくらんぼ鶏」を素材とした「スペシャル(ハレ)」と「スタンダード(ケ)」の視点で商品を開発、テストマーケティングを実施した。

今後の展開

本事業を通じて、地域に根ざした食文化を形にし地域外に発信することの重要性を実感している。今後は、地域の食文化に着目し開発した試作品を「スペシャル(ハレ)」と「スタンダード(ケ)」にカテゴライズしシリーズ化していくことを目指す。商品スタイルとしては缶詰化などを検討しているが、地域内に製造工場がないことが大きな課題である。今回の試作品についてはテストマーケティングで得た成果を反映させレシピ化し、地元の飲食店で提供できるようにしていく。

活用した地域資源

山形さくらんぼ鶏/とりもつ/馬ガッキ

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。