28年度
本体事業1年目

琉球王朝大交易の歴史を資源とする那覇市の地域ブランディング

主な事業内容

過年度の調査研究事業では、本体1年目の事業方向性を、那覇新ブランド「ナハイズム」、ブランドコンセプト「那覇気質」で新たな価値を創造し続ける仕組みと結論付けた。その結論をベースに、本体1年目は複数の商品開発を手掛けた。その商品とは①沖縄をイメージした沖縄初のボードゲーム②那覇の商店街にフォーカスした商店街写真バッグ③首里織を使用したソファ④沖縄の神人の祈りを込めたチャーム⑤沖縄独自の模様をモチーフにした紙アイテム⑥琉球紅型染めを使用したクッションである。他に「ナハイズム」のブランドロゴも作成した。

今後の展開

那覇新ブランドである「ナハイズム」、ブランドコンセプト「那覇気質」で新たな価値を創造し続ける仕組みの基本構想を基にし、近い将来1,000万人に届くといわれる沖縄の観光客が魅力を感じる新たな商品・サービスを、基本コンセプトから次々に発掘する。そして、それを商品・サービスとして具現化し、マーケティング発信する純然たる民間の事業組織の設立と、その運営方法を確立する。

活用した地域資源

首里織(織物名)/那覇市の市場通り風景(国際通り、浮島通り等)/沖縄神前儀式(神人入魂儀式)

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。