19年度
本体事業

よかばい!唐津! 〜着地型旅行会社の育成を通じた観光創出事業〜

観光資源活用による誘客と産業・観光結合型の新サービス創出

概要・活動内容

地域住民が主体となり、市民の発想による体験プログラムや街歩きプログラムを開発する。また、ガイドの育成や情報発信などにより、来訪者の滞在性を高める仕組みづくりに取り組みます。

秋色の城下町散策と宝当神社への旅

 平成19年11月27日にモニターツアーを実施しました。「体験」で企画したツアーコースに合わせて「食」で開発した『太閣夢御膳』の披露しました。また物産の新たな紹介をツアー客120名、地元報道関係者ら30名に展開しました。今後食の第二弾、物産の開発、体験コースの摘策を残された日々にやっていきます。

試作品開発

 唐津お茶しませんか(茶とおこしのセット、唐津おやじの隠し味(柚子こしょう等のセット)、宝当葛籠(お守り袋等のセット)、酒と漬物セットを紹介。

観光に関するプログラム・イベント等

 ○街なか観光・街歩きプロジェクト
 ・NPOやボランティアガイドのグループを中心に、唐津の歴史文化散策(旧高取家や旧唐津銀行、街並み景観など)メインテーマとした街なか観光を実施

 ○唐津「食」プロジェクト
 ・唐津の台所である中町で、唐津くんち料理の発掘、創出コンテストを開催

 ○歴史文化の継承・発信プロジェクト
 ・街なか交流センターを起点として、唐津の歴史研究・勉強会など座学開催
 ・唐津の歴史文化を継承するプログラムを企画・運営
 ・ここで学んだ人たちの実践の場として、市民・観光客向けの街歩きガイドを体験

よかばい唐津体験モニターツアー大好評!

 11月27日に唐津シーサイドホテルで、体験モニターツアーを開催しました。県外の85名の方に参加してもらい、大正・昭和の町並み、旧唐津銀行等まちなかの散策や虹の松原の散策などをボランティアガイドや委員会メンバーの案内で楽しんでもらいました。ツアーの中では、ホテルで地元より35名も参加、「食」の委員会で考案されたテーマが『鯛』の料理『太閣夢御膳』を試食しました。またあわせて「物産」の委員会で検討された土産品セットも紹介し、当モニターツアーは好評でした。
*モニターツアー「秋色の城下町散策と宝当神社への旅」に参加された方へツアーに関するご意見「食」「物産」に関するアンケートを行いました。

よかばい!唐津!

 当事業を推進する上でプロジェクト委員を組織・取分け、実働部隊としての「食」「体験」「物産」の3委員会を構成し、その委員会を同時進行し、事業を推進中です。第一段階とし、モニターツアーを11月27日に実施しました。その中で昼食を兼ねた食の開発分の試食会も兼ね合わせて、物産関係を紹介し、それらのアンケートもとりました。今後さらに内容を肉作りしていきたいです。

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。