27年度
調査研究事業

八女産オリーブの商品化に向けた調査研究事業

主な事業内容

健康的な機能性と新産業創出の可能性があるオリーブを地域資源に、国内産のオリーブの生産拡大ならびに、オリーブ関連商品のブランド化を目指し、食・美容・健康・観光につながる取り組みが行えるよう調査研究を実施した。また、八女産オリーブを活かした地域ならではの産品をつくっていくため、オリーブやオリーブの流通ノウハウを豊富に持つ(一社)日本オリーブオイルソムリエ協会から専門家を招聘。現状の課題や問題を把握したうえで、試作品開発や次年度に向けた事業フローなどの研究を行った。

今後の展開

これまで取り組んできた「八女ジビエプロジェクト」と相互連携を図っていきたい。また、八女茶などの地域資源と各企業の技術を最大限に活用しながら、八女産オリーブのブランド化を推進していきたい。現時点では、オリーブオイルへ加工するための十分な量の実が確保できず、オリーブの新漬けや副産物を中心に試作品開発を行っている。また、日本におけるオリーブ栽培の歴史が浅く、オリーブ関連商品の法整備に不透明な点もあるため、専門家を招聘して栽培・流通ノウハウを学び、質の高い商品群で全国展開を目指したい。

活用した地域資源

オリーブ

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。