27年度
調査研究事業

きになる小城のきになる魅力発見事業

主な事業内容

九州の小京都小城には、歴史・文化資源が点在しているが、観光資源として十分に活用されていない。そこで本事業では、文化資源を活かした観光ルートの開発を進めている。本年度は、小城市への観光客に、小城をイメージする観光地・イベント・特産品に関するアンケート調査を行った。その結果、小城駅始点のJRウォーク参加者が他ウォークより多く、小城の歴史・文化への関心の高さや、小城羊羹をはじめとする地場特産品への購買意欲があることがわかった。また、羊羹・清酒・鯉料理などの普及計画立案のための調査研究も行った。

今後の展開

観光開発事業としては、歴史に関心があり、九州の小京都の名所旧跡を健康のために散策することを趣味としている、旅行好きをターゲットにした観光ルートを作成したい。しかし、ルートの絞り込みと観光客の入込数の把握が難しく、今後の課題となっている。特産品開発では、小城羊羹の材料である小豆を使用した羊羹アイスキャンディーを考案している。また、鯉料理で有名な「清水の鯉」から抽出した「鯉コラーゲン」など、新商品の開発に取り組みたい。本事業により神社仏閣の方々と商業者とが話し合う機会ができ、新たな展開へとつながっている。

活用した地域資源

小城羊羹/小城公園/岡山神社/須賀神社

このプロジェクトに関するお問い合わせは下記のフォームから受け付けております。

>>お問い合わせはコチラから

是非お気軽にお問い合わせください!

お気に入りに登録しました。