このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

概要・活動内容

札幌ならではの観光資源と組み合わせたブランドイメージを構築し、札幌発の新たな特産品を開発します。「クラーク博士の贈り物」「北のブランド」の開発・認定事業を推進し、それらの認定商品や「クラーク博士」のブランド名で開発した試作品などを店頭にて試験販売、催事、インターネット等を利活用し、全国的にPRを行うと共に販路開拓を図ります。

「北のブランド」とは

 2004年度から道内の優れた商品や製品を認定する「北のブランド」制度を進めています。札幌商工会議所の会員企業がこだわりを持って開発した製品などが道内外の広域マーケットに通じる高い評価を確立していくため、当該製品・技術を各分野の専門家で構成された選考委員会において「北のブランド」として認証しています。
 「北のブランド」として認証された製品・技術は、「食品」「飲料」「IT・ソフトウェア」「バイオ」「福祉・健康・生活」「住宅・設備・環境」の6分野で、これまでに131社、222件の商品が認定されています。

「クラーク博士の贈り物」とは

 観光客を対象とした、魅力的なおみやげのコラボレート・ブランドです。「北のブランド」認証企業を中心として、新たな札幌発の観光みやげの共同研究・開発を目指す45社が集い、昨年「札幌ギフト研究会」を立ち上げました。北海道らしい材料を用いて、北海道らしい商品をつくり、観光に訪れた方々に提供します。
 さらには、会社の枠を超えて、各社でコラボレートし、おみやげを提供。「北のブランド」認定企業45社は共同で、札幌発の観光用お土産を開発する「クラーク博士の贈り物」も創設、16社28アイテムが認定されています。

北海道の「おみやげ」市場に活気を!

製造業が弱いといわれる地域性の中で、経済起爆剤として北海道の「おみやげ」市場をより膨らましていくことが目標です。ターゲットは北海道観光に訪れる広範な層ですが、特に40代以上の購買層に強く訴えていければ、と考えています。

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

札幌商工会議所

〒060-8610北海道札幌市中央区北1条西2丁目