このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

概要・活動内容

世界自然遺産「白神山地」という素材をベースに地産地消の特産品開発(山菜・川魚・りんご・ブナ材加工品等) と2010年新幹線新青森駅開業に向けた観光客誘致・戦略展開を図る。

弘前観光のコンセプトメイクを

 弘前には、さくらまつり、ねぷたまつり、弘前城もみじと菊人形、弘前城雪灯籠まつりの4大まつりがあります。春のさくらまつりは大正時代から、夏のねぷたまつりは江戸時代から、秋の弘前城もみじと菊人形は昭和30年代から、冬の弘前城雪灯籠まつりは昭和52年から現在まで、広さ期間工の中核を成しています。また地域資源として、りんごをはじめとする食の特産品、世界自然遺産「白神山地」、弘前城はじめ神社仏閣や明治大正期の洋風建築物、縄文時代遺跡、伝統工芸品などがあります。
 これまで、パンフレットやガイドブックなどの観光宣伝、案内標識等の観光整備、観光ボランティアガイド養成、観光産業人材育成事業などを行っていますが、それぞれの事業が個別に実施され総合的なコーディネイトはおこなわれていませんでした。これらの素材、事業をさらに磨き上げ、点から線、線から面への展開を戦略的に行うのが本プロジェクトです。多くの地域資源を束ねるコンセプトづくりを行い、多くの人々が感動を共有し、体験していただくことを重要視しています。

ブナ材や地産品で特産品を開発

 本プロジェクトでは、世界自然遺産「白神山地」や岩木山、岩木川等のめぐみである食材やブナ材加工品による地産地消をベースにした特産品の開発、素材の洗い出しと整理を行い、素材をつなぐストーリー創出、スタンダードなご当地弁当の開発を総合的に行うことにより、4大まつりに頼らない通念観光の旅行商品を定着化し、認知度を全国的なものとしていきます。また、新幹線新青森駅開業にあわせた観光客やコンベンション等の誘致活動を通して入り込み人口の増加を図り、長期的には雇用の拡大を図るものです。

視察・市場調査の実施

 平成18年12月19日(火)、中央公民館にて名物料理試食会を開催しました。特産品開発の関係者が集って創作料理の試食会を行い、改良を加えました。
 平成19年2月17日(土)、成果発表会を開催し、市民を対象にプロジェクト成果品の発表を行いました。成果発表会に当たり、県内の新聞にPR広告を掲載しました。

モニター調査、アンケート調査の実施

 平成18年10月17日(火)~18日(水)、市場調査を行いました。
 平成18年10月26日(木)~28日(土)、アクアグリーンビレッジ、弘前こぎん研究所、ブナコ工場、みかみ工芸、りんご公園などを視察しました。

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

弘前商工会議所

〒036-8567青森県弘前市上鞘師町18番地1