桜の名所・庄原上野公園をはじめとする豊かな自然環境に恵まれた中、畜産業に力を注いでいる広島県庄原市。庄原商工会議所では、平成20年度の地域資源∞全国展開プロジェクトとして、【トコトンこだわります「どんぐり豚」開発ブランド化プロジェクト】を実施。

概要・活動内容

地域の畜産ブランドの立ち上げのため、飼料にどんぐりを用いた豚の育成実験を中心に、生産体勢やブランドイメージの構築などが行われた。どんぐりを食べさせた豚は、不飽和脂肪酸の比率が高く、味にしつこさのない肉質が特徴。また、飼育期間中に放牧を取り入れることで臭みをなくし、やわらかな歯ごたえを実現した。「どんぐりコロコロ豚」と命名したこの豚のイメージキャラクターや<a href='http://dkt.ctwj.com/' target='_blank'>ホームページ</a>の作成、メニューや加工品開発など、ブランドとしての体制づくりが進められている。

その他の活動

里山に対する環境保全の意識向上と、上記プロジェクトにおける飼料確保のため、平成20年11月に市民を対象にしたイベント「どんぐり拾いツアー」を開催。イベントでは、2時間で100kgものどんぐりが集められた。同イベントも参考に、安定したどんぐり確保のため、どんぐり収集のシステム構築が検討されている。また、新たにブランド豚市場に参入することになるため、生産者や小売業者、外食事業者との連携も進められている。

担当者からの一言

「2月に行われた「feel NIPPON」において、初めて一般の皆様への試食を実施しました。試食していただいた多くの方々から、『おいしい』との評価をいただきうれしい限りです。また、会場でマスコットキャラクターを初公開したところ評価も上々で、スタッフ一同満足しています。同時にキャラクターネームも募集し、全国467件の応募の中から『ろこぴー』に決定しました。より良いものにするための努力を怠らず、開発実験を継続、今後は販売実験にも順次シフトしようと考えております」(担当:栗部秀道さん)

このプロジェクトに関するお問い合わせはコチラから

お問い合わせフォーム