このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

オホーツク海に面する北海道紋別市。紋別商工会議所では、平成21年度の地域資源∞全国展開プロジェクトとして、【オホーツクもんべつ地域の海産物を活かした特産品開発事業】を実施。

概要・活動内容

紋別は、世界三大漁場の一つと言われるオホーツク海に面している。そこで、ホタテ、サケ、マスなどの豊富な海の幸を活用する案が浮上。新商品の開発による「オホーツクもんべつブランド」の確立を目指し、計画の策定にあたった。まずは地域の水産加工業者や飲食業者などがディスカッションを実施。開発する新商品をブランド化するための意見を出し合った。また、取り組みに向けた具体的なイメージづくりとして、東京農業大学網走キャンパスの学生らが地域活性化のためにエミューの卵を活用して商品開発した例を紹介した。

プロジェクトにおける特筆点

会議では、住民と中小企業者が中心となり、新商品開発の方針を検討した。そのほか、農・漁・商・飲食・観光など、各業種の連携の必要性や、ブランド化に向けての意見を交換。併せて地域資源を再発掘することの重要性も確認した。

担当者からの一言

今回の調査では、地域の住民から、水産加工業者、飲食店、小売業者など各業界や団体など多くの方々に協力してもらいました。紋別の活性化やホタテ、サケ、マスを使った商品開発、ブランド化について、様々な立場からの意見を得られ、充実した事業展開であったと思います。事業を進めることで、地域住民を含む、全市的な連携を取り、街が一体となって“オホーツクもんべつ”を全国に発信できる商品の開発を進めていきたいです。

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

紋別商工会議所

〒094-0004北海道紋別市本町4丁目紋別経済センター