このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

ドラマ「北の国から」でも描かれた大自然を有する北海道富良野市。富良野商工会議所では、平成21年度の地域資源∞全国展開プロジェクトとして、【フラディッシュブランド商品開発事業】を実施。

概要・活動内容

地産の食材を生かした富良野特有の「フラディッシュブランド」構築のため、新しい惣菜商品を開発した。まずは人気の惣菜をリサーチ。そこから地元食材を生かせるメニューのヒントを得つつ、開発を検討する飲食店が専門家を交えて新商品の試作に着手した。東京などの大都市圏と地元市民を対象に試食アンケート調査も行い、集まった意見を参考に改良。巨大な揚餃子「なまら棒」や地産の豚肉を使った「肉まん」などを完成させた。新商品は、本事業のホームページやコミュニティFMの番組などを通じてPR。広域的な宣伝をすることで、ブランドの周知を図った。

プロジェクトにおける特筆点

地産の食材を使った5品を開発。揚餃子「なまら棒」(しょうゆ味、トマト味)は長さ33センチとインパクト大。具には米、野菜、チーズなどを練り込んでいる。地元産の豚肉、野菜を詰め込んだ「肉まん」や、地元の人気カレー店“唯我独尊”のスパイシーなルゥが効いた「カレーまん」もボリューム満点。そのほか、うどん生地にジャガイモを練り込み、円錐状に揚げた「じゃがティーヤ」も個性的だ。

担当者からの一言

事業に参画されたお店の皆さんは、商品開発に熱心に取り組まれました。大きな夢を抱きながら、お客様へのもてなしの心を胸に刻みつつ、試行錯誤の上にも食の安全・安心を追究したヘルシーな新商品開発ができたと思います。これまでの富良野ブランドにはイメージ先行の部分もありましたが、今後はこれらの商品に触発されて、未参加の方々にも新しい商品開発に取組んでいただけるようなプロジェクトにしていきたいです。

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

富良野商工会議所

〒076-0031北海道富良野市本町2-27コンシェルジュ・フラノ2階