このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

町名の由来ともなった名産品「栗」を地域資源とし、国内最北端の栗の産地化を目指して“ブランド栗”を開発。新商品や新サービスを開拓し、栗の町として全国にPRする。

取り組み内容

 アイヌ語で「栗の木の繁茂しているところ」を意味する地名の通り、栗山町には古くから栗の木が自生し果実が栽培されている。本事業では、地域の栗を付加価値のある資源として生かすため、産地観光と特産品開発のふたつの観点から調査・研究を実施。栗のブランド化に成功した先進地から講師を迎えた勉強会では、栗山の栽培管理状況への助言と作業体験ができる観光サービス実施に向けた提案を受けた。また、作業効率の向上と栗の高品質化をもたらす「超低樹高栽培」について検討し、その導入を目指す方針が固まった。栗の調理勉強会では、栗を使ったお菓子が紹介され、豊富なレシピの中から地域の栗の特性を生かした特産品の可能性を探った。

今後の展開

独自の栽培でブランド栗を

栗の栽培状況や各品種の特性を把握でき、事業の方向性を固めることができた。今後は「超低樹高栽培」をベースに栗山の風土に適した独自の栽培管理を行い「ブランド栗」を創出し、上質な土産品や観光サービスにつなげていく。

活用した地域資源

栗の果実特性・食味、栗の調理・加工方法、先進地視察調査

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

栗山商工会議所

〒069-1511北海道夕張郡栗山町中央2-1くりやまカルチャープラザ「Eki」内