このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

名寄の特産品と言えばひまわり油。これらを活用して新製品を開発し、なよろブランドとして全国に発信。ブランドの確立と全国での販路拡大を目指す。

取り組み内容

 豊富な農業資源を有する名寄市では、これまでもアスパラや米粉を使用した商品を開発しているものの、ヒット商品とはなりえていない。また、名寄にあるひまわり畑には、毎年夏に多くの観光客が訪れるが、ひまわりが農産物としては活用されていなかった。そのため、健康志向の昨今に合わせ、地元企業が油搾油工場を新設・試験操業。現在、ひまわり種の有効成分を生かした商品開発を行い本格的な事業化を目指している。
 これらを背景に、本事業で新「なよろブランド」商品開発プロジェクト委員会を設置。市内製造小売・飲食業へ商品開発への参加を募り、新商品開発を進め各種展示会へ参加。試食・アンケート調査を繰り返し、6種の試作品が完成した。
 また、平成23年2月の「feel NIPPON 春2011」に出展。本事業で作製した試作品と、なよろブランドのイメージなどを対象にアンケート調査を実施し、なよろブランドの特産品開発の完成度を高めた。また、開発商品や商品開発に至る一連の取り組みをホームページで紹介。事業を広く情報発信し、地域ブランドの周知・形成の一助とした。

トピックス

試食アンケートを重ね、ニーズを探る

バイヤー・消費者の商品に対するニーズを探るため、市内を中心に試食アンケートを多く実施。特にアスパラを使用した商品とひまわり油に関しては、健康成分が多く含まれていることが周知でき、高評価も得た。

今後の展開

「なよろブランド」を広くアピール

試食アンケートを多く重ねたことで、客観的な視点で商品のよい部分、悪い部分、改良点が明確になり、完成度を上げる一因となった。その中で「星に願いを」の製品化が実現。展示会への出展により、新たな業者との接点ができた。また、製造者とバイヤー・消費者の視点の違いも認識。量産できない商品の対応や販路拡大の方策、開発商品と地域性のつながりを課題とし、今後はほかの地域素材を活用した新商品の開発にも取り組んで行く予定。

活用した地域資源

グリーンアスパラ、こめ粉(もち米)、新品種イチゴ、ひまわり

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

名寄商工会議所

〒096-0001北海道名寄市東1条南7丁目駅前交流プラザ「よろーな」2階