このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

概要・活動内容

地域経済への波及もにらむ

本事業では、讃(ほめれ)地域資源!商品開発プロジェクトと題して、飲食店を中心とした「ご当地」新商品・新メニューの開発に取り組むことで、“弱み”を克服し、“強み”をさらに伸ばすことにより、地域に眠る潜在売上を顕在化。平成27年6月開業のフラノマルシェ2を中心に行う商品販売目標売上高を2.5億円と定め、経済波及効果係数1.94倍(中小企業基盤整備機構算出)により算出された約5億円を地域経済に波及させることを目指す。また、「創業支援」と連動させた取り組みとして、新規創業者5店舗を新たな担い手として取り込んでいく。同時に、本施設では11店舗が新たに出店するため、新規雇用の確保も目的とする。

アピールポイント

食の安全も最大限考慮

JAS有機(無農薬)栽培認証を受けた蕎麦の実・小麦粉を使い、昨今の安全・安心な食品の提供に配慮した、そばとうどんを開発することができた。
特にうどんは、全粒粉での製粉を行い、見た目も通常のうどんと異なる色合いを見せ、一見そばを思わせる見た目とコシの強さが、消費者アンケートでは好評価を受けた。

今後の展開

今回開発された商品は、フラノマルシェ2でテイクアウト商品として販売を行う予定。
すでに運営されているフラノマルシェは開業から5年が経過し、360万人以上が来場する中心市街地の誘客施設として機能していることから、フラノマルシェ2の開業と、そこでの商品販売により、これまで以上の相乗効果を狙った販売展開を行う。

活用した地域資源

農産物(米・小麦・蕎麦など)/畜産物(牛乳・豚肉・鹿肉)/加工品(チーズ・醤油)

メディア掲載事例・受賞履歴

  • 北海道新聞(平成26年10月24日)

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

富良野商工会議所

〒076-0031北海道富良野市本町2-27コンシェルジュ・フラノ2階

富良野商工会議所のオススメ

  • ふらのワイン

    ふらのワイン

  • ふらのチーズ

    ふらのチーズ

  • 北海へそ祭り

    北海へそ祭り

    物にはすべて中心があり、人体の中心はへそ。だから、北海道の中心標(富良野)は、いわば北海道のへそである。これを郷土芸能に具象して将来の観光や商業の発展に結びつける方法はないものか...。誰いうともなしに、その発想は波紋を広げていくことになる。つまり、「北海へそ祭り」のすべては、この市民憲章から始まった。