このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

概要・活動内容

地域全体を循環する面型観光へ

平成18年の「道と川の駅 花ロードえにわ」とガーデンテーマパーク「えこりん村」オープンを契機に、観光振興の機運はかつてないほどの高まりを見せ、企業の観光事業参入や官・民による観光振興の取り組みが活発化。しかし、いずれもその効果が地域全体に波及するまでには至らず、結果として恵庭市は未だ「観光地」としての十分な認知を獲得しているとは言い難い状況にある。
そこで、今後はこのような「一所完結型」の消費モデルから脱却し、それぞれのスポットや資源にもたらされる観光需要の「点」を相互循環によって地域全体、すなわち「面」へと発展させる仕組みを構築したいと考え、資源調査、先進地調査、市場調査等の事業を実施した。

アピールポイント

内外の意見を取り入れ、積極的議論につなぐ

商工会議所内に「えにわ着地型観光検討委員会」を設置したことで、会員企業の中に地域の観光振興のあり方について協議・検討する機運が高まった。
また、事業の一環として実施した先進地視察や市内観光ルートの検証ツアーでは、委員だけでなく専門家も参加。新たな発見や成果の積極的な共有を目指した結果、組織の一体感醸成と議論の活性化を実現できた。

今後の展開

恵庭市において観光を農業・工業に次ぐ主要産業に発展させるため、道外、特に首都圏在住者をターゲットに定め、「恵庭でしか体験できない時間の提供」をコンセプトとした着地型観光プログラム、ならびに滞在モデルを打ち出していきたい。
また、これまで甘んじてきた「通過型都市」のイメージは「他地域にも足を延ばしやすい好立地」という「魅力」へと転換を図り、北海道、特に道央圏観光における滞在拠点というステータスの確立を目指したい。

活用した地域資源

道の駅「花ロードえにわ」╱ガーデンテーマパーク「えこりん村」╱個人宅のオープンガーデン╱体験農園╱郊外のカフェレストラン 他

メディア掲載事例・受賞履歴

  • 千歳民報

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

恵庭商工会議所

〒061-1444北海道恵庭市京町80

恵庭商工会議所のオススメ

  • 道と川の駅「花ロードえにわ」

    道と川の駅「花ロードえにわ」

    恵庭の地域情報を発信する道の駅。市民が丹精込めて手入れする「いこいの花畑」、地域の農産物が豊富に揃う直売所「花野菜(かのな)」などで構成され、札幌近郊でも有数の人気を誇る。地域特産「えびすかぼちゃ」を活用したパンやスイーツも多数取り扱っている。

  • えこりん村

    えこりん村

    40haの広大な敷地に、30のテーマガーデンから成る「銀河庭園」やガーデンセンター「花の牧場」、アルパカとの触れ合いが人気の「どうぶつ広場」等の機能を有するテーマパーク。平成25年に「世界一大きなトマトの木」としてギネスに認定された「とまとの森」などの施設では、環境と農業に関する先進的な技術を楽しみながら学ぶことができる。

  • ラルマナイ自然公園

    ラルマナイ自然公園

    恵庭市外から約18キロ、支笏湖へ向かう道道沿いに形成された「白扇の滝」「ラルマナイの滝」「三段の滝」からなる自然公園。園内には鑑賞用の散策路や広場などが整えられており、紅葉期には札幌近郊有数の景勝地として賑わう。