主な事業内容

日本で唯一の産業採掘が行われている久慈産の「琥珀」。採掘時や宝飾品として加工する際に排出される、小さなかけらを使った新たな新商品の開発と、地域資源である「十二支神社」など、展示会を通じて全国への情報発信に取り組んだ。
また、久慈地方の観光に多大な影響を与えたドラマ「あまちゃん」の放映効果の持続も含め、同作品に登場した「琥珀」を汎用品に使用することで新たな価値を創出し、琥珀を身に着けてPRする「こはくびと運動」の実施により、琥珀の街久慈としての地域ブランディングの醸成に取り組んでいる。

今後の展開

宝飾品との差別化を図るため、琥珀のかけら「POPアンバー」を活用した新商品の開発とブラッシュアップのための情報交換会の開催や専門家による指導を行いながら、地域資源を活用した観光商品について、関係団体等との協力のもとルートの策定やガイド養成など、受入体制の整備を行っていく。
また展示会出展や先進事例の情報取得による販路開拓や「こはくびと運動」の啓蒙活動を通じ、新商品並びに取扱店舗数の拡大と地元住民の意識醸成など「琥珀の街久慈」としての地域ブランディングを強化していきたい。

  • 久慈琥珀染めのスカーフ
    久慈琥珀染めのスカーフ
  • 活用した地域資源

    ・久慈産琥珀の作業屑 ・十二支神社

このプロジェクトに関するお問い合わせはコチラから

お問い合わせフォーム