主な事業内容

商工会議所の全国ネットワークを生かした“連携”による新商品開発により、“氷見の魅力×○○の魅力=”で相互の地域に経済効果が生まれる仕組みを構築し、これを基盤に全国展開を図る。本事業では、川崎・美濃加茂・七尾との会議所連携から新しい魅力を創出、各地の特産品や歴史的背景と氷見の地域資源がコラボした新商品を開発、「東京湾を変えた男」(京浜工業地帯の父「浅野総一郎翁」・氷見市出身)のお菓子、美濃加茂特産品や七尾&氷見「城山」をテーマにした新商品を全国に発信する。

今後の展開

今後も各地との連携により新たな魅力を創出し、連携先の地域資源とコラボすることで付加価値を高め、両地域を基盤に販路拡大を図る。このプロジェクトを契機に新商品開発を支援、更に商品力に磨きをかけ、全国市場に向けた製品に育て上げるとともに、小規模事業者自らが課題整理や分析に取り組むことで、経営力の向上に繋げていく。意欲ある経営者が増加することで、地域経済に好循環(域内消費の拡大)が生まれ、商議所としても、そのような事業者を丁寧に伴走支援し、地場産業の育成に繋げたいと考える。

  • 氷見七尾新商品コンテストの模様
    氷見七尾新商品コンテストの模様
  • 活用した地域資源

    ①氷見の鮮魚・魚介類、農産品等豊富な食資源②水産加工業や菓子製造業等独自の技術・特色をもつ地場産業③連携先各地の特産品等(川崎:氷見出身の実業家で「京浜工業地帯の父」といわれる「浅野総一郎翁」、美濃加茂:食の世界遺産といわれる「堂上蜂屋柿」、地場銘酒の「酒粕」、他「赤味噌」、「鮎」等、七尾:歴史的“城山”を共通テーマに商品開発 等

このプロジェクトに関するお問い合わせはコチラから

お問い合わせフォーム