主な事業内容

昨年度の調査研究事業において、冬に偏重しがちな観光の通年化を図るため、夏の魅力を盛り込んだ観光モデルルートを作成。今年度はモデルルートの実証実験として「JNO MOMBETSUモニターツアー」(プレ)を実施した。ルートに組み込む「紋別スポット」巡りの選定にあたっては、JNOの取り組みを全市的なものにするため市民からもお薦めスポットを募り、市民投票の結果を反映させた。
また、ツーリズムEXPOジャパンに出展し、紋別の夏の魅力をPRするとともに旅行代理店との商談会にも参加した。

今後の展開

ツーリズムEXPOジャパンでは紋別の観光資源をPRしたところ概ね好評であったものの、紋別市自体の知名度の低さを痛感させられた。商談会において、旅行代理店の方から「何ができるか情報の無いところには、いつまで経っても人が来ない」と指摘を受けたことから効果的な情報発信の在り方に課題を感じた。また、今年度は震災の影響で、もう一回実施する予定であったモニターツアーが実施できなかったことから、次年度は商談会にて受けたアドバイスを参考に再度モニターツアーを実施したいと考えている。

  • ガリンコ号釣りクルーズでカレイ釣り
    ガリンコ号釣りクルーズでカレイ釣り
  • 活用した地域資源

    紋別スポット(コムケ湖、ホタテ干貝柱の製造工程の天日干し等の自然や産業の景観)、旬の食材、ガリンコ号Ⅱでの釣りクルーズ、アザラシとふれ合える観光施設等

このプロジェクトに関するお問い合わせはコチラから

お問い合わせフォーム