主な事業内容

日本有数の豪雪による豊富な水資源と日本一の面積を誇る横手盆地の肥沃な土壌や寒暖差が大きい気候が育んだ農産物は様々な種類が作られている。そのような農産物の認知度を高め、付加価値を高めた加工品を横手の特産品として開発及び販路拡大を行っていくため、横手市や関係団体、農事組合法人などと委員会を設置。販路拡大・商品開発・デザインに関するそれぞれの専門家と協力し、商品開発を行う参画事業所に対してハンズオンの支援を行った。また、開発した商品を首都圏と地元での試食会や商談会を行い、販路拡大に努めた。

今後の展開

今後も横手の恵まれた自然環境が育んだ農産品と伝統的な食文化による商品開発と販路拡大を行っていく。今年度の事業で作成した商品について、試食会や商談会でのバイヤーや消費者からの意見を参考にブラッシュアップを図り、より一層の販路拡大を目指す。また、横手の恵まれた自然環境が育んだ農産物を使った特産品を増やし、展示会や商談会への参加による継続的な販路拡大を実施することにより、横手産の農産品の認知度の向上と食品加工業製品出荷額の向上を目指す。

  • 県内一の生産量を誇るりんごを使った菓子
    県内一の生産量を誇るりんごを使った菓子
  • 活用した地域資源

    横手の恵まれた自然が育んだ農産物(米、スイカ、リンゴ、ブドウ、モモ、穀物類、畜産など)と発酵食品

このプロジェクトに関するお問い合わせはコチラから

お問い合わせフォーム