主な事業内容

小松市が日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」に追加認定を受けたことを契機に取り組んだ調査研究事業の成果のもと、今年度はブランド名設定と試作品開発を行った。本プロジェクト終了後も、持続的に発展・継続させていくためには、小松市、何よりもその地域に愛される必要があると考え、意識醸成のため大きく時間を費やすなど工夫を行った。その結果、ブランド名・ロゴマーク設定及び試作品を製作することができた。試作品は北前船の隆盛をもとに地域に根付く発酵食を用いた洋菓子や絹織物で、「feel NIPPON春2020」出展でのアンケート結果を今後の商品改良に結び付ける計画である。

今後の展開

今回制作した試作品の、一日も早い製品化に向け取り組むと共に、今回のブランド対象となる新たな商品の開発や既存商品の認定を行い、地域ブランド化に向けた取り組みを展開したい。本事業で開発した特産品を活かし、小松市及び安宅地域への観光誘客につなげるため、観光・物産の相乗的な取組み進めるべく、地元行政や関係機関とのさらなる協力体制を構築していきたい。

  • 「北前船が運んだスプレッド」
    「北前船が運んだスプレッド」
  • 活用した地域資源

    ①小松市安宅地区の歴史・文化安宅の関、安宅住吉神社、北前船船主・船問屋の家②伝統的工芸品・食品・加工食品和菓子・洋菓子、発酵食品、絹織物(小松綸子)、海産物加工食品

このプロジェクトの商工会議所はこちらです

小松商工会議所

〒923-8566石川県小松市園町ニの1番地