このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

44プロジェクトによる共同展示商談会 『feel NIPPON 春 2010』

東京ビッグサイト 2/2(火)~5(金)開催!

山口県・柳井商工会議所

プロジェクト詳細ページはコチラ
自然薯を使ったスイーツなどの特産品を開発
自然薯栽培発祥の地産スイーツで
柳井の知名度を全国に広める!

柳井市は自然薯栽培発祥の地で、それを活用した『自然薯の料理開発』を実施。生産者、加工業者、販売、サービス業者が協力し、地域の活性化を図る農商工連携による自然薯料理メニューを開発している。展示会には、平成20年9月に開催した自然薯新メニュー開発コンテストで全国から集まった16のレシピから、他の地域にはなく、食感も自然薯らしいものとして選ばれた『クレームブリュレ』『畑のチーズケーキ』を出品する。地元の菓子製造業者や土産物販売店の経営者による試食会を経て改良を重ねた自信の2品は、試食も行う。

出展品目

『クレームブリュレ』『畑のチーズケーキ(写真)』※出展品目は変更となる場合あり

柳井商工会議所 西川義彦(にしかわよしひこ)さん

柳井商工会議所
西川義彦(にしかわよしひこ)さん

私が自信をもっておすすめします!

「近年の食や健康への関心の高まりを追い風に、自然薯栽培発祥の地である当市は自然薯を使ったスイーツの特産品開発に力を入れています。滋養豊富な自然食品として人気のある自然薯を素材に、新しい感覚で作った『クレームブリュレ』と『畑のチーズケーキ』を土産物などとして発展させ、柳井市の知名度アップにもつなげたい。『とろろ』以外でも美味しくいただけることを証明する自然薯のスイーツを、ぜひ召し上がって下さい」

出展商工会議所紹介に戻る