このサイトは2020年3月31日まで稼働していた、feel NIPPONの活動報告サイトのアーカイブです。
現在、更新はしておりませんが、2019年度までの活動報告はご覧いただけます。

現在、feel NIPPONは支援の一環として、商工会議所と事業者が連携して生み出した商品を、全国のバイヤーに向けて紹介する会員制サイトfeel NIPPON BtoBを運営しています。
feel NIPPON BtoB: https://feelnippon.jp/

44プロジェクトによる共同展示商談会 『feel NIPPON 春 2010』

東京ビッグサイト 2/2(火)~5(金)開催!

兵庫県・姫路商工会議所

プロジェクト詳細ページはコチラ
農商工の連携による姫路ブランドのお菓子
さとうきびの栽培から手がけ
地域全体で新しい特産品を開発

平成20年に開催された『全国菓子大博覧会』が好評に終わったことを受け、姫路商工会議所ではお菓子の開発に取り組んでいる。姫路には昭和初期までさとうきびを栽培していた歴史があることから、その栽培を復活し、姫路産砂糖を使った新しい菓子商品を開発中だ。農商工の連携を図りながらのブランド化を目指し、地域全体の活性化を図る。平成21年秋には、地元の学生たちがアイデアを出し合って試作品を制作するイベントも開催した。展示会には、その後、菓子事業者たちが開発した城下町・姫路『姫の里』ブランドの試作品を出展する。

出展品目

『わらびもち(写真手前)』『蒸まんじゅう(写真手前)』『焼まんじゅう(写真手前)』、『かりんとう(写真左)』『黒糖かりんとう(写真左)』、『揚げまんじゅう(写真右)』※出展品目は変更となる場合あり

プロジェクト事業推進委員会 正木博夫(まさきひろお)さん

プロジェクト事業推進委員会
正木博夫(まさきひろお)さん

私が自信をもっておすすめします!

「美しい城郭・姫路城と肩を並べる姫路の特産品となるようなお菓子を開発しています。今回は、職人の技と心意気が作り上げた試作品をご紹介します。まんじゅうやかりんとうなど、素朴ななかに個性の光るラインナップです。江戸時代から育まれてきた姫路の菓子文化を加味し、季節の趣を繊細に映し込んだ色や形、平成21年秋に収穫したさとうきびから作った姫路産の砂糖を使うなど、材料や製法までこだわった試作品をご賞味下さい」