No.12 豊橋商工会議所(愛知県)

渥美半島 ここにしかない感動を巡る

おすすめPOINT

  • 1最高のタイミングで美しい風景に感動する
  • 2最高のタイミングで美味しさを知る
  • 3最高のタイミングで料理を味わう

プランの特徴 Features of Plan

渥美半島の魅力。五感で感じる旅に出かけよう

愛知県の南東部にある渥美半島は、風光明媚な三河湾と勇壮な太平洋に囲まれ自然豊かな地域です。冬でも温暖な気候で快晴日数は全国トップクラス。この恵まれた気候を活かし、キクやバラなどの花き栽培、イチゴやメロンなどの施設野菜・くだもの、キャベツなどの露地野菜、肉用牛などの畜産等、渥美半島の農業は日本一です。

レストランバス「渥美半島」では、この土地で採れたその瞬間でしか味わえない美味しさと花の美しさを体感いただきます。農産物と花の産地を巡り、生産者の声、ふれあい、笑顔をお届けします。

地元の作り手だけが知っている、食材の本当に美味しい時期や特徴。そして、そんな特徴を最高に活かす、シェフならではの洗練された技術が融合しました。作り手とシェフが一緒になって創り上げる“ここにしかない料理”がお待ちしています。

この土地にあるまだ発掘されていない魅力的な資源(生産物、生産者、料理人)で観光メニューを組みたて、レストランバスを用いて産地を回り、ここにしかない魅力を提供します。

渥美半島の菜の花畑
渥美半島の早春を彩る満開の菜の花畑
渥美魚市場
新鮮な魚介類を届ける渥美魚市場

Photograph

  • 素材を贅沢に活かした、ここにしかない一皿
  • 日本一の農業産地で新鮮野菜の収穫体験
  • 太平洋の荒波をうけて湾曲する美しい砂浜
  • 花半島ならではの花巡り体験
  • その土地のその瞬間を味わうレストランバス

担当者から一言

鈴木 拓也

渥美半島をレストランバスで巡っていただくことで、最高のタイミングで花の美しさや農産物の美味しさを知っていただき、生産者とのふれあいや体験を通じて、感動をお届けします。地元の生産者と料理人が一緒になって創り上げる、この土地のこの時期でしか味わえない“ここにしかない料理”でおもてなしいたします。

(鈴木 拓也さん)

オススメのお祭り

豊橋鬼祭
豊橋鬼祭

2月10・11日に、安久美神戸神明社で行われる奇祭。見どころは、赤鬼が天狗に挑む「からかい」。敗れた赤鬼は境内を飛び出て町内を駆け回り、罪の償いとして厄除けのタンキリ飴を振り撒きます。

豊橋商工会議所
〒440-0075 愛知県豊橋市花田町石塚42-1 TEL.0532-53-7211 ( http://www.toyohashi-cci.or.jp/ )